バリアフリー・リフォーム

例えば、車椅子の生活を余儀なくされた人がいたとします。その方が料理がお好き
娘さんが同居されているのなら、立った状態でも車椅子でも使えるキッチンを考えます。
逆に料理を一切しないご主人が車椅子生活になったのならキッチンはいじりません。
また、状況によっては同居者が介護しやすいようなプランを考えることもあります。
こうしたリフォームは、単に車椅子用の設備を入れたところで実現できるものではありません。

良心的な建築家であれば、身体が不自由になったご本人の状況や生活スタイル、
そして同居者の生活スタイルをよく聞いて、いろいろな提案をしてくれるはずです。
言い換えれば、いい設計者と出会うことで、器具に頼らないバリァフリー・リフォームは可能なのです。

リフォームは慌てて行う必要はない
まだ身体が丈夫なのに、5年後、10年後を考えてあらかじめバリァフリー・リフォームを行う方もいらっしゃいます。
しかし、将来起きうることに対してリフォームする必要はありません。現実にそれが起きてからでも可能なのがリフォームなのです。
私は→家 高く売る で情報集めをしました。
例えば、新築の時からバリアフリーを意識して設計しても、
自分がその恩恵を受ける前に生活環境の変化があって、家を売ってしまう可能性はゼロではありません。
夫婦が離婚するかもしれないし、身体が不自由にならないかもしれないのです。
こうなると、バリアフリーの器具がバリア、すなわち障壁になることもありえます。
さらに、最近はバリアフリーのための器具がどんどん開発され、高性能で廉価になってきています。
いうなれば、バリアフリー・リフォームは、タイミングを見計らって行うことが重要なのです。

EC063_L

高齢化に対応

高齢化に対応させることはできるの?

足腰が弱くなったという程度から寝たきりまで、それぞれの状態に合わせてリフォームできます。
状態がそれほど悪くなければ、あまり楽をし過ぎないようにするのがポイントです。

高齢化対策といえば、床の段差をなくすような、いわゆるバリアフリー・リフォームが挙げられます。
階段に手すりを付けたり、お風呂場を入浴が楽になるように改装したり、
確かに歳をとって身体の自由が効かなくなってきたときに、こうしたリフォ-ムを行う必要が出てくると思います。
今はバリアフリー住宅のためのいろいろな商品が出ていますから、できないことはないと言ってもいいでしょう。
廊下を広げるような構造に絡む模様替えも、きちんとした設計がなされていれば可能です。
←一例が載っています。

バリアフリーは器具を取り付けることではない
しかし、例えば廊下の段差をなくし、玄関をスロープにし、
あるいはホームエレベーターを設置すれば、それでバリアフリーなのかというと疑問が残ります。
まだ普通に歩ける状態なら、そこまでの模様替えは必要ないでしょう。
工務店の工事では、バリアフリーといえば手すりをつけるという程度しか行わないものです。
ですが、本当に大切なのは器具ではなく、将来のプランそのものであり、それも建築主の状況を考えたうえで練られたものでなくてはならないはずです。

次に,住宅団地居住者に関してバルドウィン(Baldwin;1974)やテイラー
(Taylor;1979)は郊外住宅団地の建造物などの物理的環境とその所有や社
会・経済的特徴から,居住分化がみられることを明らかにした。

EC065_L

新しい家に多い化学物質の問題

取り替える場合、素材はしっくいや天然素材のクロスなど、いわゆる「天然もの」がお勧めです。
かき渋や漆といった日本古来の素材もいいでしょう。
ただし、クロスや内装材などは、それ自体が天然ものであっても接着剤などに化学物質が含まれていることがありますので、
全体的に検討する必要があります。もうひとつ、新しい建築素材から出る化学物質の一部を、
短期間に発散させてしまうためにベィクァウトという処理を行うこともあります。室内を暖めて発散を促し、
その後、換気するという手順を数度にわたって行います。

カビやダニは補修とともに原因を絶つ
カビが原因でアレルギーが起きることも多いようです。
カビは、湿気が高く、風通しの悪い場所で多く発生する傾向にありますが、
まずはカビが生えている場所をチェックし、下地まで全部剥がしてアルコール消毒(滅菌)し、再度新しい素材で造り直すことになります。
現時点でのカビを取り去っても、根本的な問題解決にはなりません。問題はカビそのものより、カビが発生しやすい環境にあります。
湿気がたまらないようなシステムを考え、同時に時折換気してやるような心掛けが必要です。
を参考にしてみてはいかがでしょうか。

原因がカビにあるにせよ、化学物質にあるにせよ、自然の風を取り入れるということは重要な手段です。
今はやりの高断熱高気密の考え方と逆行するような感じもしますが、
シックハウス症候群とは、寒さ暑さを感じながら生活することを拒否したがために発生した問題のような気がしてなりません。

EC059_L

シックハウスの原因

シックハウスの原因をなくせる?

ここ数年、住宅の問題として取り上げられることが多くなったシックハウス症候群。
その原因は化学物質であったり、カビやダニであったりとさまざまです。
不幸にしてこの症状になってしまった場合、特に症状が重く、敏感に反応してしまうようなときは、
住み替えや建て替えをして解決するよりほかになく、リフォームで完全に原因を絶つことは難しいのが現実です。
ただ、軽い症状が出ているようなときに、できるだけその原因を減らすことは可能です。
原因についてはコチラ→に詳しいことが書いてあります。

新しい家に多い化学物質の問題
建築材料に含まれる化学物質が原因の場合は、古い家ではまず起こりません。化学物質は時間の経過とともに発散してしまうからです。
半面、古い家でも、リフォームで取り替えた床や内装などから化学物質が出てしまうことはあります。
建築材料から化学物質が出ている場合、それを改善する方法にはふた通りの考え方があります。
ひとつは原因となっている建築材料を撤去してしまうこと。
もうひとつは、上からふさいで化学物質の発散を抑えてしまうことです。理想を言えば下地から
すべて取り替えたほうがいいのですが、上から抑えるほうがコストは低く抑えられます。
表面の素材だけを剥がし、下地の上に通気性のないフィルムなどを貼るという方法がその一例です。

山鹿(1976)は住宅団地の開発が都市施設などの公共サービスの不足,遠距離住
宅地の発生,交通混雑,近接地の地価暴騰などのさまざまな問題を生じさせて
いることを指摘しているが,それらの都市問題に対して開発主体や法的規制な
どの側面から分析することが今後も必要とされる。

EC058_L

エコリフォームの素材

エコリフォームには無垢の木やしっくいが好んで使われます。床にスギやヒノキ、ベイマツ、パイン材を使い、
天然成分でできた蜜蝋ワックスなどを塗ると、見た目の雰囲気や足裏の感触もいいものです。

壁にはしっくいや珪藻土がお勧めです。
もちろん、しっくいのなかにも化学物質が含まれたものはありますので、充分な吟味が必要でしょう。
クロスなどを接着するにも、天然素材を使います。
デンプン系やメチルセルロース樹脂系のものは、有害な化学物質が含まれていないと考えられています。

さらにこだわるなら、というより、シックハウス症候群が実際に症状としてあらわれているようなら、
断熱材にも気を使う必要があります。天然素材である炭からできた炭化発泡素材やウールなどが好まれています。

天然素材は、確かに体への悪影響がほとんどなく、見た目にもいい物が多いですが、
まだ一般的ではないこともあって、やはり価格は高めです。
どこまでこだわるかは、シックハウス症候群をどれだけ警戒するかによって変わると思います。
にて詳しい情報を集めました。

すでに症状が出ているなら、とことんまでこだわらなければならないでしょうが、
現在、健康な状態でいるのなら、むしろ見た目や雰囲気の「エコ」を優先してもいいのではないでしょうか。
いくら家の中の有害物質を追い出しても、一歩、家の外に出たら、それこそ有害物質のオンパレードなのですから。

EC015_L

エコリフォーム

今はやりのエコリフォームって?
シックハウス症候群などにならぬよう、天然素材を使ってリフォームすることをさします。
天然素材は見た目にもいいものなので、試してみる価値はあるでしょう。

エコリフォームとは、「シックハウス症候群の心配がない、自然素材を多用したリ
フォーム」を指すという認識が一般的のようです。
シックハウス症候群とは、住宅の中に存在する何らかの物質に体が反応し、頭痛や
目の痛み、吐き気などが起きることです。その原因は、ハッキリと特定できない部分
も多いのですが、ひとつは建材などに含まれる有害な化学物質、もうひとつはカビや
ダニなどにあるようです。

ですから、、シックハウス対策、イコール、エコリフォームというわけではないのですが、
現在、主に問題にされている原因は前者の化学物質のほうなので、
いうなれば「シックハウスにも効果のあるエコリフォーム」がもてはやされているのでしょう。
にも詳細がありますが、ここではそれを前提に説明をしましょう。

建材などに含まれる化学物質は、時がたつにつれて発散し、築釦年以上の家であれ
ばほとんど残されていないと考えられます。しかし、内装クロスを張り替えるような
軽微なリフォームでも、新しく入れた素材や接着剤などに多量の化学物質が含まれて
いると、それがシックハウス症候群を引き起こすことがあります。
これを避けるには、リフォームに使われる建材などを吟味し、化学物質を含まないものを選ばなければなりません。
有害な化学物質が含まれていても、シックハウス症候群になってしまう人と平気な人がいますが、
危険性がある素材を使うより、できるだけ安全な素材を使いたいと考えるのは普通です。

EC017_L

とても難しい音の問題

内部の音を抑える

固い壁は遮音すると同時に、音を反射して建物内部に伝えていきます。
ですから、壁や床などに吸音させることを考えるようにします。壁や床の素材を変えたり、天井に吸音材を入れたり、
一例を挙げるなら2階の床材をフローリングからカーペット敷きに替えるだけで吸音効果はアップします。

プランによって反響しやすくなってしまっている場合もあります。真四角な部屋は
反響を起こしやすいものなのですが、壁の一面に吸音材を取り付けること以外に、
壁を平行に配置しないようにすることでも、反響はずいぶん抑えられます。手軽に吸音させるなら、
固い素材の窓ガラスや壁の前にカーテンなどを取り付けることでも効果があります。

完全な防音は難しい
空気が通るすき間があれば、音は伝わっていきます。防音ルームのように独立した部屋をつくるならともかく、
家全体の防音を行おうと考えると、必ずどこかに排気口も給気口もありますから、完壁にはできないということになります。
高断熱高気密の家など、ダクトで強制的に換気している家では、部屋から部屋へと音がダクトを通って伝わる可能性も若干ながらあるのです。
防音について→で調べました。

音が聞こえたときに、それをうるさいと思うか、気にしないかは、個人差が大変大きい部分です。
それまで山の中の一軒家に住んでいた人が都心のアパートに暮らせば、
騒音が気になって眠れないほどかもしれませんが、老朽化したアパートから一軒家に越した人は、多少の音が気になることはないはずです。
もちろん音の質(何の音なのか)にもよるでしょう。また、音というのはいったん気になりだすと、
それこそノイローゼになるくらい気になるもので、ここが家の騒音問題の難しさになっています。

EC022_L

防音効果を高める

防音効果を高めることはできるの?

子供が幼稚園児くらいになって2階で大騒ぎとか、ピアノを習いはじめたということから、
音の問題が気になってくるケースはよくあります。自分自身が楽器を習いたいとか、
家でカラオケをしたいというようなこともあるでしょう。
また、買う前に現物を見られないマンションなどで起きるケースですが、
住んでみたら外部からの音が気になって仕方ない、ということも現実としてあります。
ここでは一戸建ての場合に限って説明していきますが、結論としてはこうした音の問題を解決することは充分可能です。
コチラ→にも詳しく載っています。

外からの音を遮断する
防音には遮音と吸音という手段があります。
外からの音を家の内部に入れたくないというのなら、まずは遮音を考えるのが基本です。
大まかに言って、固い素材ほど音を遮り、柔らかい素材ほど音を吸収します。
ですから、遮音のためには家を固い素材で包むような方法が考えられます。
とはいっても、既存の建物の壁を全部取り換えたり、建物の外部を包むような方法はコストがかさみますから、
まずは音が入り込んでくるすき間を少なくしたり、窓を防音ガラスにしたりという手段をとるのが一般的です。

また、家の中だけでなく、外にも目を向けてみましょう。車の交通の音が気になる、
という場合、道路と家との間に高い塀や生け垣を設けることで、ある程度、騒音をやわらげることができます。

EC036_L

家の耐震性-その2-

ひと目で耐震性が低いと思われる建物もあります。例えば建物の一方に大きな開口部があるような家です。
壁がない面だけが弱くなって、バランスの悪い、地震にとても弱い家になってしまいます。
当時はそれでも建築基準法をクリアしていたのです。

具体的な診断の方法は後の章で説明していきますが、建築基準法改正前に建てられた家は、
リフォームエ事に入る前に壁の配置や筋交い、構造用金物の有無などをチェックして、
耐震性が充分にあるかどうか確認しなければなりません。壁量が足りなければ、
耐震壁を設けなければなりませんから、コスト的に大きな負担になりますし、プランにも制約が出てきます。

リフォームで生まれ変わる家

このように考えると、改正以前の建物はリフォーム前の補強にコストがかかり、建て替えたほうがいいような気もしてきます。
しかし最近は耐震性をアップさせる構造用金物や補強材が登場していますし、さまざまな補強の手段が考えられていますから、
必ずしも建て替えのほうが安いとは言えません。

悲観的にならず、ポジティブに考えてみましょう。
それまで住んでいた、愛着のある家をリフォームしたときに、耐震性に問題があることに気づいたとします。
がっかりする人が多いと思いますが、それは決して不幸なのではなく、むしろ家を健全なものにするいいキッカケだとは言えないでしょうか。
私は→でいろいろ調べました。

リフォームが家の健全性を見直す機会になり、そのまま住み続けるよりも長く、安心して住むことができるようになったのです。
そのままでは危険な家を、健全な家へと変化させる、これもリフォームの素晴らしいところです。

EC032_L

家の耐震性

家の耐震性を高めることはできるの?
構造体を補強することで、家の耐震性を高めることが可能です。
改装などのリフォームの際に耐震性を高めて健全な建物に生まれ変わらせましょう。

リフォームを機に家の耐震性をチェックすることは、その家に長く、安心して住む
ために大切なことです。リフォームを行っても、家の命ともいえる構造体に問題があるようでは困ります


最近は耐震チェックを同時に行ってくれるリフォーム会社もあります。
なかには単に仕事を増やすための手段としている場合、
つまりしなくてもいい耐震リフォームを無理やり行わせようとするケースもあるようですが、
そういう怪しいものは別にして、耐震チェックをすること自体はお勧めできます。
住宅に関して詳しくはコチラ→に載っています。

耐震診断が必要な家とは

2000年6月1日に建築基準法の改正が行われました。
これによって、たとえ木造住宅であっても、構造的な検証を行わなければならなくなりました。

そこで問題になるのは、改正前の建物に関してです。法律の有無に関わりなく、
構造的な考察を行なうことは、設計者として当然のことであるように思えますが、
現実として、改正前の木造住宅は耐震性が充分に考慮されていない可能性が非常に高いのです。
もちろん、暇疵があれば改正後の建物についても耐震性に問題が出る場合はありえます。

イギリスではこの分野の研究が活発になされており,
ノックス・カレン(KnoxandCullen;1981)やショートほか(Short,WittandFleming;1987)は
建造物環境の要素の管理と生産における営力の相互作用について検討した。

EC028_L